かんなんの安武

七つ道具やフードの配達に出かけて、最近の夏場パノラマに思うところは何だかんだ。
今年は一際7月中旬頃からカラッとした大気になって、夏場お天道様温度よりも高いという猛暑お天道様の温度が続いたので、ストリートパノラマとイメージがもやっとするようなイメージ。

不具合ウエザーとか温暖化と言われる予行ならば夏場時は暑いけれどスタイルも軽やかだし、夏休み引退とか催しなんかも思い切りあって喜べるという理解がしていました。
けれども今の暑い夏はスタイルは軽やかだけれど、空模様不順だったり夏場なのに夏場お天道様の温度のお天道様というのが少なくて、爽やか時季とは言えない感覚があります。

マシュマロヴィーナス
不具合とか温暖化に象徴されるような最近のウェザーは、ストリートゆく人のスタイルとか信条にも遷移をもたらして、時季の胸中にときめく感じは薄くなりつつですね。
スタイルとか信条からも長袖や母親のアーム補填と遷移ありですが、今の温度にそれぞれの顔付きにも爽やかというのが感じられない。
日傘というのも訴えるユーザーが甚だいて、こういうのも最近の夏場パノラマ、傘の花なんて言いつつ風物詩なんてことになるだろうか。

今年のような温度の夏はこの時期だけと落着いてください物質、暑いけれど軽やかなポップスが似合うような時季だった時もありましたからね。
この夏場だけれど衣類にも質のよいものが多々、それが爽やかとか盛装言うよりはユーザビリティお気に入りのアイテムだからウケているアイテムですが、波でもあり。
ちょっぴりの心地よさは上質の衣類とかそんな処かな、もったりの夏場パノラマから爽やか秋が愛しいだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です