オーストラリアン・テリアでジェームズ

ハッピーマジックの口コミについてはこちら
自分だけかなと思っていることがあります。
それは月の物が近づいてきたり月の物がきたときに見る理想って何となく「血液」の関わりが多いなと想うことです。

たとえば、過去観たホラー写真の一好機がでてきたりするわけです。
自分や知っている誰かが怪我をして、とかいうことは実にありません。
非日常的取り付けばかりの夢を見るのです。

疑問ですなあというのですが、自分の知らないうちに身体の皆様で「血」に返答やるのかもしれません。

わたくしはありがたいことに月の物に対する不便は無いので、忙しかったりしてうっかりしていると「あ、やばい」となることがあったりします。
一先ず、カレンダーで確認してもうそろそろかなと言う時分には準備しているのですが、でもあわてたり決める。
だが夢を見るという、「なるほど、調整を通じておかないと」というので失敗することが短いのです。

自分では敢然と認識していなくても、自然の返答で「もうそろそろ準備して置きなさいよ」というサインを送られているのでしょうか。
ちょっとグロテスクな理想なんですが、役立つことなのでイヤですなともいえないところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です